その他業務 | 滋賀県で債務整理・離婚・相続でお困りの方は、北大津きぼう法律事務所にご相談下さい

077-599-4155

受付時間 9:00〜18:00(土日祝日除く)

メールフォームでのお問い合せ(24時間受付)

その他業務

不動産、労働事件、著作権等のお悩みはありませんか?

その他業務

不動産・賃貸借

  • 不動産、特にアパートやマンションの賃貸借契約に関しては、敷金返還や原状回復の場面等で法的なトラブルが生じやすく、賃料不払い等を理由に急な立ち退きを求められたり、急に裁判所に訴えられたりしてお困りの方もおられることと思います。
    このような場合でも、弁護士に法律相談を行うことにより、問題解決の糸口が見つけられることがあります。
  • 不動産・賃貸借
  • 不動産 – 相談事例1

    自分の土地の登記簿に、かなり昔の抵当権設定登記が残ったままになっている。

    父から相続した土地を売却しようと思い、法務局で不動産登記事項証明書を取得したところ、昭和30年代の抵当権設定登記が残ったままになっていました。どうすれば、この抵当権設定登記を消してもらうことができますか。

  • 賃貸借 – 相談事例2

    アパートの賃料が払えず大家さんに出ていくように言われた。

    失業して生活が苦しく、アパートの賃料を滞納していたところ、大家さんから今週中に出ていくようにと言われました。急に言われても、引っ越し費用も転居先のあてもありません。来月になれば失業保険が入るので、再び家賃を支払うことができるようになるのですが、大家さんは全く聞き入れてくれません。

労務管理・労働事件

  • 労働者と使用者の関係は、労働者は労働を提供し、使用者は提供された労働に対して相応の賃金を支払う、というものですから、原則として両者は対等の関係にあります。職場において何か問題が生じたような場合でも、そのようなお互いの立場(対等)を尊重しつつ誠実に話し合いを行うことによって解決していくことができそうなものですが、なかなかうまくいかず、お困りの方もおられることと思います。
    このような場合でも、弁護士に法律相談を行うことにより、問題解決の糸口が見つけられることがあります。
  • 労務管理・労働事件
  • 労務管理 – 相談事例1

    社長に、明日から来なくてよいと言われた。

    勤務先で仕事上のミスをしてしまい、社長から「明日から来なくてよい。」と言われました。ミスをしたことは申し訳ないと思うのですが、解雇されるほどのこととは思えません。また、予告もなく解雇されたのでは次の仕事を見つける時間もないので困っています。

  • 労働事件 – 相談事例2

    残業代を支払ってもらえない。

    私の勤務している会社では、どれだけ残業しても残業代が支払われません。残業代が支払われないのであれば、せめて定時に帰りたいのですが、ノルマとして与えられた作業を終えるまで帰ることを許してもらえません。

知的財産権(著作権等)に関する紛争等

  • 知的財産権については、「自分とはあまり関係が無い」と思われる方も多いと思いますが、インターネットの普及により、一般の方も日常的に知的財産権(特に著作権)の問題に直面する機会が増えているように思います。当事務所は知的財産権の取扱いを専門とする事務所ではございませんが、代表弁護士である平塚は、特に著作権分野に興味を持ち、日々調査・研鑽に勤めておりますので、もし著作権分野に関しお悩みを抱えておられるようであれば、是非ご相談ください。
  • 知的財産権(著作権等)に関する紛争等
  • 知的財産権 – 相談事例1

    NPO法人の勉強会で書籍のコピーを配布しようと思うが、何か問題はあるか。

    私が所属しているNPO法人の勉強会で、参考になる書籍のコピーをとって参加者全員に配布したところ、参加者の1人から「コピーの配布は著作権侵害の可能性があるので、やめたほうがよいのではないか?」との意見が出されました。営利目的ではないので問題ないと思っていたのですが、今後は控えたほうがよいのでしょうか。

  • 知的財産権 – 相談事例2

    著作権に関して講演をお願いしたい。

    ある社会福祉法人に勤務しているのですが、広報誌を作成する際などに著作権のことが気になることがよくあります。一度しっかりと勉強したいと職員同士で話しているのですが、職員向けに低料金で講演をお願いすることはできますか。

  • その他業務の実績紹介
  • その他業務の料金案内

まずは。お気軽にご相談下さい。電話:077-599-4155

Top